看護部のご紹介

tel
mail

看護部のご紹介
ABOUT NURSING DEPARTMENT

働きながら学べる奨学金制度も充実!
准看護師から正看護師になるための支援も行っています

看護部長の挨拶

「地域に根ざした看護」をめざして

当院は、1968(昭和43)年に花見川団地の一室で「平山外科診療所」として開設されました。その後、平山病院として成長していくとともに、並行して介護施設の開設も行ってきました。これは当時としては異例なことでしたが、医療と福祉・介護は、連携を密にしていかなければならないという、現代のニーズに先駆けて取り組んでまいりました。

現在、晴山会グループ(医療法人4施設、社会福祉法人9施設)の基幹病院としての役割を担っています。一般病棟では比較的長期の療養が必要な患者様は療養病棟で、症状に応じた医療サービスを提供しております。

その中で私たち看護職員は、地域の皆様とともに、医療・福祉・介護と協働し、患者様とご家族の方に適切な健康生活を支援する看護を目指しています。「思いやりの心」を礎とし医療環境の変化に応じた看護が実践できるように、知識・技術を習得し、看護の専門家としてのキャリアを積み重ねていきたいと考えています。
当院で、私たちと一緒に看護の道を歩んでみませんか。看護部一同、お待ちしています。

看護部長 分枝 一枝

看護部理念・方針

患者様に満足していただけるよう誠実な看護を実践します

  • 患者様の人権を尊重し、心のこもった誠実な看護を目指します
  • 質の高い看護を提供できるよう、常に自己研鑽に努めます
  • 事故のない、安全な看護を目指します
  • 地域との連携を密にし、看護活動を通して地域に貢献できるよう努めます
  • 看護職員のやりがいを支援し、自己実現を目指します
看護部概要
勤務時間(病棟) 2交替制
日勤 8:30〜17:30(休憩1時間)、夜勤17:30〜8:30(仮眠休憩2時間)、遅出11:00〜20:00(休憩1時間)
受け持ち制、一部機能別
休暇 9日/月
有給休暇 初年度10日〜最大20日
福利厚生 レクリエーション・忘年会など
各種補助 産休制度(産前休暇6週間・産休休暇8週間)
育児休暇 最大18ヶ月
教育・研修制度 院内研修、院外研修

平山病院の教育制度

教育理念

看護部の理念にもとづき、医療・看護を取り巻く環境ならびに社会の変化に応じた質の高い看護を提供するために、個々の看護職員の能力開発や自己啓発に対して支援する

社会人として、また専門職業人として主体的、継続的に質の高い看護を提供できるよう、各々の成長段階に応じた教育支援を行う。また、看護の仕事を通して社会的使命とその責務を果たすことができるよう多側面から教育の機会を提供する。

新人教育

先輩看護師たち全員が新人教育を担います

当院では、皆で育ちあう姿勢を基本とし、プリセプターの負担過剰にならないように臨床経験を積んだ先輩看護師たち全員が新人教育を担うという共通認識を持って臨んでいます。

新人オリエンテーションプログラム
  • 自己紹介
  • 当院の概要
  • 看護部の理念・方針
  • 社会人としてのマナー
  • 教育計画について

  • 医療人としての心構え
  • 医療安全対策
  • 院内感染対策
  • 医療廃棄物の取り扱い
  • 薬剤の取扱いと管理 など

  • チーム医療
  • 放射線科の役割
  • 検査科の役割
  • リハビリテーション科の役割
  • 栄養科の役割
  • 医療機器の取り扱い

  • 看護技術トレーニング
  • バイタルサイン測定
  • 採血・血糖測定
  • 病床環境整備
  • 体位変換
  • おむつ交換 など

  • 看護技術トレーニング
  • 口腔ケア
  • 吸引
  • 与薬

  • 訪問看護ステーションに
    ついて
  • 関連施設について

継続教育

年間を通じて年次に必要な研修を行います

当院では、年間を通じてそれぞれの年次に必要な研修を行っています。また、看護職員の学習に対する個人のニードを重視しながら、院外研修へも積極的に派遣しています。

院内研修計画

看護研究

看護の専門家として日々の看護業務や患者様ケアに対する問題や疑問を解決する作業プロセスが研究の要といわれます。事象に対する客観的な見方、科学的方法論や探究心をもって研究的視点から看護を考え、問題解決能力を身につけることは、看護実践、看護管理、看護教育、専門看護領域などキャリアアップへの基盤となります。

当院では、卒後3年目を中心に看護研究に取り組み、どのような職域においても看護師としての役割と責任を果たすことができるための礎としています。

教育支援 / 院外研修

看護や看護活動について広い視野から見聞し、当院における看護の役割、看護師としての自分を客観的に見つめ成長できるよう院外教育の機会を提供しています。日本看護協会・千葉県看護協会をはじめとし、千葉県民間病院協会、全日本病院協会の研修などに参加し、各自のキャリア計画を支援しています。

研修は出張扱いとなり、研修医用の支援もあります。